ミニマリズムなライフスタイルとシェアリングエコノミーの関係をざっくり語ってみた

ミニマリズムなライフスタイルを送るうえで、「エコシステム」というバズワードが切っても切れない関係かなと思っています。

そのなかでもシェアリングエコノミー(もしくはアクセスエコノミーまたはオンデマンドエコノミー)について、個人的にイメージしていることを書いておきます。

シェアリングエコノミーとは、物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組み

https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%BC-1720825

UberAirbnbといった代表例がありますが、ほかにもたくさんあって、ぼくが使ったことのあるのは、

ほかにも「メルカリ」も欲しいときに買っていらなくなったらかんたんにスマホを使って売ってしまえる点で、所有の概念を変えた技術革新的なサービスだと考えています。

似たようなサービスで「Netflix」や「Spotify」もSaaS(Software as a Service)に分類され、所有せず必要な機能を必要なだけを使えるサービスです。ほかにもMaaS(Mobility as a Service)が自動車、DaaSはデスクトップ仮想化などがあり、すべてはサービスとして提供するという意味でEaaS(Everything as a service)もあります。

このEaaSやシェアリングエコノミーといっしょに語られるのが、買い切り型からサブスクリプション型へというビジネスモデルの転換で、所有から共有や都度利用といった考え方です。

サブスクリプション型の最大のメリットは「毎月固定の金額が安定して入ってくる」だと思います。ですが、裏を返せば「いかにお客さんに継続してもらうか」がつきまとってくる課題で、サービスが悪ければあっさり離れていくのがサブスクリプション型だと言えます。

大人の事情で物を売り買いせず、物やサービスそのものが評価されるため、お客さんが本当に欲しいものが売り買いされることになります。お客さんにとって本当によいものか、結果としてお客さんのことを真摯に考えるマーケティングやリテンションが必要ではないかと考えています。

ちょっと脱線してしまいましたが、ミニマリズムなライフスタイルはただただ物を捨てるのではなく、必要なときに必要なものを調達したり利用するサブスクリプション型の思考です。

基本的にその場その場で必要なものことを調達し、「所有」という概念に囚われず、持っているリソースの過剰余剰をつくらず、それぞれの人が本当に集中すべき課題や問題に取り組むマインドセットや習慣づくりにフォーカスできると考えています。

海外からの渡航者が多くなる東京オリンピックや大阪万博を通して、シェアリングエコノミーは広がり、今後来るであろう「脱所有」の思考は、世間一般に浸透していくと思っています。

ミニマリズムなライフスタイルはつづきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください