はじめてクラウドファンディングでスマートウォッチ販売に投資してみた

今回は、はじめてクラウドファンディングに投資しして、スマートウォッチを手に入れ、3週間ほど使ってみた感想を、シェアできればと思います。

クラウドファンディングは「makuake」というサービスを使いました。たまたま普通の液晶じゃないE-Inkのスマートウォッチが、手頃な値段で手に入るかもというので、募集開始早々で投資を決めました。

投資はかんたんで、主催者さんが設定した金額に達したときにリターンとして、自分が選んだ御礼品がもらえます。お金はクレジットカード決済というかたちで振り込み、たしかその月には銀行口座から引き落としされていました。

募集期間3~4ヶ月ほどあったので、気長に待ってましたが、おそらくmakuakeでは大変高額な38,546,200円が集まり、結果達成率7709%になってました。

発送はお隣中国からということで、10月発送で11月半ばくらいかなぁと思っていたら、11月の頭には届きました。公式サイトの活動レポートを見ていると、もっと早く届いたり、いまだに届いていない人がいたり、バラツキはあったようです。

3週間ほど使ってみた感想としては、ハードはまあ満足で、よい仕上がりかなと思っています。見た目としてはシュッとしてて、お洒落な感じです。それにデジタルとアナログが分離していて、最悪デジタルの電池が切れても針は駆動するので安心です。

肝心なソフトですが、アプリの作り込みが良くなく、スマホと時計との接続がよく切れたりつながらなかったり、睡眠記録が夜つけられない仕様が後からわかったり、歩数計が座ってるだけなのにめちゃくちゃカウントされて精度が低すぎる、などなど問題が多くありました。

とはいえ、ぼくとしては概ね満足しています。

アプリは今後アップデートされる見通しで、真摯な対応を期待しますが、makuakeでも不満の声が多く書き込まれているところから、クラウドファンディングという仕組みを考えさせられます。

あくまでクラウドファンディングという、投資行為をした結果、リターンとしてもらえるのが今回の品物です。完成された製品版を求めすぎるのは、ちょっと趣旨とちがうかなと思っています。

とにかく届くまでのワクワク感とか、目標金額まで達成するように応援する、その過程を楽しんで実際リターンを受けられる「コト」を感じれたのは、クラウドファンディングの醍醐味ですね。

また近いうちに投資してみようと思っています!

ミニマルなのにハイテク。モダンスマートに決める「GLIGO」スマートウォッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください