1週間の時間の使い方をWANTとMUSTで棚卸

マネーフォワードでお金の出入りを見える化して、部屋の物を断捨離して必要な物に囲まれる。そんなミニマリズムなライフスタイルを送っていますが、ふと気づいたのが、モノカネは断捨離できたけど、時間の使い方を見直してないと。

そこで1週間168時間を棚卸ししてみます。ここで重要なのは、MUST(しなければいけないこと)とWANT(したいこと)に分けて整理します。

1週間バランスシート

ざっくりですが、ぼくのWANTに使える時間は平日と休日あわせてたった55時間。一方MUSTは113時間と、1週間の7割を占めています。これではMUSTが多すぎて、けっきょくやらないといけないことばかりで、モチベーションが上がらなくなってしまうわけです。

これはあくまで時間換算だけの話になりますが、1週間168時間を半分にして、WANTを84時間以上にするにはどうすればいいだろうかと考えるわけです。

現状仕事は固定の枠なので可変できませんが、睡眠と通勤この63時間をどうにかこうにかうまいこと使えないかと考えるわけです。ということで、よい睡眠と通勤時間の有効活用は考える余地がありそうです。

一週間を棚卸ししてみて、使える時間を整理してみるとおもしろいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください