白いスニーカーを白く保つにはアルコールとセスキ水がおすすめ

いま履いているスニーカーが1年ぐらいになるので、靴についてシェアできればと思います。

いま持っている靴は二足で、どちらも「アディダス スニーカー VALCLEAN2」で、この二足を交互に運用しています。二足にしているのは、一足運用だと経年劣化が早まるためです。

以前はスタンスミスを履いていましたが、汚れなどは気にしてませんでした。スタンスミスしかり、白のスニーカーはお手入れが大変ですが、扱いを気をつければ新品同等を保つことができます。

ぼくがやっていたお手入れとしては、

1) 毎日帰ったら水で濡らしたぞうきんで軽くふく
2) かなり汚れてきたら洗剤につけて歯ブラシで磨く
3) 靴のにおいが気になってきたら洗濯機でまわす

あたりでしたが、この3ヶ月ほどは、

1) アルコールつきのウェットティッシュでふく
2) 百均のセスキ水をかけてぞうきんでふく

で、汚れ落ちもよく、お手入れも楽になりました。何人からか靴の話をされたことがあり、やっぱり自分が思っているほど、人は足元を見てるんだなぁと思いました。

仕事で足元の案件をしていたこともあってか、それまでそこまで気にしていなかったのですが、気になりだすと気になりますね。その人があらわれるというか、なんていうか。

ということで、アルコールとセスキ水は、白いスニーカーのお手入れとして、けっこうおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください